石川県金沢市の長坂整体院は、中国整体の手技療法で心と身体の健康を提供します。腰痛・膝痛・肩こりなどのクリニカル整体、免疫力を高める経絡リンパ整体、リバウンドしないダイエットのコーチングも行っております。

「頭寒足熱」ずかんそくねつ −自律神経−

本当に朝の冷え込みが身に染みる季節となりました。 

毎年も兼六園では、11月1日から雪吊りを実施しています。
北陸の冬の風物詩ですのね!
雪吊りの作業は「唐崎松」から始めます。
5本の芯柱が建てられ、総数約800本の縄で枝を吊ります。
現在も作業は続いており、12月中旬まで続くそうです。

今年は雪が多いんですかね〜?


頭寒足熱ずかんそくねつ」という言葉があります。
頭部を冷やかにし足部を暖かにする事で、健康に良いと言われています。
逆に不健康な状態は「頭熱足寒ずねつそくかん」になります。
なぜ、頭が熱くなり、足が冷えるのか?
それは首や骨盤などで血液が停滞し、うまく流れなくなっている事が多いです。
そのため、頭には血液が集中しているのに、足、そして手などの末端部分には
血液が行かず、冷えてしまうのです。
長坂整体院では、首や骨盤部分等を施術し、更に自律神経のバランスを整え、
免疫力を正常な状態にさせていきます。
「頭寒足熱」の体調を作り上げていくのです。
うつ症状の場合も、眠れない・身体が冷える状態が続きます。

長坂整体院の施術は、自律神経のバランスを保ち、免疫力を高めます。
うつ症状・更年期障害等の不定愁訴(原因不明の不具合)に効果的です。

「経絡」 〜けいらく〜

 最近、朝晩の冷え込みが厳しくなって来ましたね。
夜、自転車に乗っていても手が冷たく感じます。
お風呂にゆっくり浸かるのも良いですねー。


現代医学の中心である西洋医学は、病気でない状態を‘健康’ととらえて、
病を治す医学です。
一方、東洋医学は、病気になる前の身体の不調‘未病’といわれる状態を
見つけてそれを取り除き、「心と身体」の健康を維持する予防医学です。
この東洋医学をベースとした「整体の手技療法」で重要となるのが、
「経絡」〜けいらく〜です。
経絡とは、人間が生きるためのエネルギーである「気・血・水」を循環させる通路の事です。
身体には経絡と呼ばれる気の通り道が14あり、そのうち12は六臓六腑につながっています。
この考え方を「臓腑経絡説」と呼びます。
六臓は、肝、心、脾、肺、腎、心包(心臓を包む外膜)の事で、
六腑は、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦(気や津液をめぐらせる器官)のことです。
気や血が乱れたり、臓腑に不調があったりすると、それらに関係のある経絡の上を指で
押した時、ほかの部分より強く痛みを感じる場所があります。
そこがツボです。
現在365ものツボが知られており、「経穴」〜けいけつ〜と呼ばれています。
経絡を線路に、経穴を駅にたとえるとイメージしやすいでしょう。
また、ツボは経絡上にあらわれた気血の流れや臓腑の異常を示すだてでなく、
刺激することで経絡の気や血の流れを改善し、症状をやわらげることができます。


長坂整体院では、東洋医学であり2000年の歴史を持つ
中国整体の手技療法を中心に施術を行います。
あくまでも心地よく

「冷え性」

 何だか寒いですね。

数日前まで暑かったのに極端、、
爽やかと言うより、手足が冷たく感じます。
体調管理をしっかりしないと、です。



女性の疲れに深く関係している、「冷え性」
夏でもクーラーの利いた建物から外に出ると、急激な温度差で立ちくらみや頭痛がする、
手足が冷たくなってつらい等、
男性には、あまり実感できないかもしれませんが、
冷えに関連する苦痛は女性にとって、とても深刻な悩みです。
女性の多くが寒さに弱いのは、男性に比べて筋肉量も活動量も少ないことから、
熱エネルギーの生産能力が少ないからと言われています。
寒さは女性にとって、強いストレスとなります。
女性の身体の末端や表面が冷えがちなのは、体温が下がるのを防ぐために、
身体の末端や表面の血管を収縮させ、毛穴も閉じて、放熱をできるだけ
避けるためです。
これによって、内臓などがある身体の温度、「深部体温」の低下を防ぐのです。
寒さを感じると交感神経が緊張します。
温めると体温が上がり、副交感神経優位となります。
その結果、血管が拡張して血流が拡張して血流が増え、
強く冷やされた後に、急激に血流が回復することで、
「だるさ」 「腹痛」 「頭痛」等の症状が現れる事もあるそうです。

身体を冷やさないようにしなければなりません。
これからの季節注意しましょう!
[疲れない体をつくる免疫力]参考

長坂整体院の施術は、免疫力を高める事をキーワードに代謝を上げ
冷え性や身体がだるい等の症状の方にお薦めです。

「働きすぎ・ストレス」

 今朝は激しい大雨、、本当に驚きました。
午後は快晴の青空!
でも真夏の暑さは感じられず、秋の気配です。

今年も夏を満喫されましたか?
仕事が暇でもストレスが溜まりますが、
やっぱり「働きすぎ」は良くないですよ。
前回は心の疲れについてでしたが、
今回は、働きすぎがテーマです。
少し前まで「週1度のノー残業デー」を実施している会社が
多かったですね、今でも継続されているのかな?
(まーこれは企業の防衛策かな)
と言っても現実は厳しいですよね〜。
働きすぎだけでなく、身体に無理を強いることはすべて、
老化、生活習慣病、ガンの原因になるストレスと言われています。
働きすぎ、運動しすぎ、飲みすぎ等、どんな行為でも過度なものは
身体に負担をかけるのですが、中でも「働きすぎ」は激しい
ストレスとなり、ときには命にもかかわってきます。
たとえば、一日の睡眠時間が3〜4時間で深夜まで残業、といった
生活を3〜4ヵ月続けるとどうなるでしょうか?
当然、さまざまな病気を発症しやすくなります。
それが行きすぎた結果が「突然死」です。
たとえ、突然死という最悪の状況にならなくても、
その生活を何年も続けていると、ガンの発生につながると言われています。
働きすぎると、自ずとその人の活動量も増えます。
すると、体内ではエネルギー消費が激しくなります。
そのため、細胞分裂時にダメージを受けやすくなってしまいます。
活動量が増えると分裂スピードが速くなります。
というのは、どこかの組織で細胞が破壊されることが多くなり、
それを補うために再生が頻繁に行われるようになるからです。
それを促進しているのが活性酸素です。
活性酸素は生活習慣病やガンの原因と言われています。
現代人の多くは、働きすぎでストレス過剰になっています。
仕事熱心であることは結構なことだと思いますが、頑張りすぎて
身体を壊してしまっては、元も子もありません。
仕事で忙しい人は、せめて睡眠時間を十分に確保したり、休日には
思い切りリフレッシュをして、疲れをためない工夫をしてください。
疲れが取れない人は、

「心と身体の健康」を取り戻し元気で笑顔に!

「心の疲れ・ストレス」

 今日は朝から雨が降り、ムシムシジメジメの嫌な日です。
やっぱり湿気が多く、気温が上がると辛いですよねー。
まだ火曜日です、次の楽しい予定を励みに乗り切りましょう!


最近は、ストレスを貯めこんでいる人が本当に多いです。
心の悩みが1つの原因と言えます。
不安や心配事、恐怖、苦痛などの苦しくて辛い感情等
精神的なストレスを抱えています。
苦しくて辛い感情が起こると、交感神経が緊張します。
交感神経が緊張すると、白血球中に顆粒球が増加します。
すると、体内では血圧や血糖値の上昇、脈が早くなる
といった変化が起きます。
例えば、人前でスピーチをすると緊張して、心臓がドキドキし、
手に汗をかきます。
正常な状態であれば、交感神経が緊張しても、副交感神経が
働くため、自律神経は一定範囲内に保てれます。
ところが、こうしたストレスが長い間続くと、身体が正常な状態に
戻りにくくなります。
顆粒球が増えすぎると、リンパ球が減り、免疫力が低下するため、
様々な病気を引き起こすと言われています。
当院では、緊張やストレスを和らげ、自律神経を良好な
状態にする施術を行っています。

気持ち良く治す 長坂整体院

「整体施術」編 女性の〈不定愁訴〉

 8月は何かとイベントが多いですよね!
週末には、花火大会も楽しみですし、
お盆も近づいて来ましたよ、
家族旅行?親戚が集まる?大忙しですね、、
疲れも溜まりやすいです、気をつけてください。

女性は月経により毎月ホルモンの変動があったり、
年代によってもホルモンのバランスが大きく変動するため、
もともと体調に変化がおこりやすいものです。
近年は女性の社会進出により男性並みに働く女性も増え、
ストレスによる不定愁訴も多くなってきています。
月経前に落ち込みやイライラといった精神的な症状や、頭痛、
肌荒れ、便秘といった身体の症状がおこる月経前症候群(PMS)
自分がPMSと自覚するだけでも楽になることがあるそうです。
東洋医学では、月経や妊娠、出産、更年期などにともなっておこる
女性特有の症状は、昔から「血の道」症と呼ばれています。
瘀血やそれにともなう気のめぐりの悪さ、血の不足など、血がおもな
原因になっているためです。
血のめぐりをととのえる、良くする事が大切です。


長坂整体院では不定愁訴の施術を行います

「整体施術」編 〈中村整体士来院〉

 今日、北陸地方が梅雨明けしました。
早ーい!今日は7月9日なのに、、
例年は20日位ですよね〜
暑い夏になりそうですよ!

「中村整体士」が来院してくれました。

中国整体療術会のメンバーで、
以前は施術の練習を、しあった仲です。
4月の長坂整体院オープンの時に4名で来てくれた時以来です。
相変わらず元気そうで何よりです。
8月8日に「けんこう村整体院」を開院されます!
(志賀町の健康村)
大和リゾートの所で癒されそうですね〜
今度遊びに行きますので、施術お願いしまーす
(ドーナッツご馳走さまでした)


「整体施術」編 〈腰痛対策〉

 今日から7月です。

金沢は、まだまだ梅雨が明けそうにありませんねー
美味しい食事や、趣味等で楽しい週末を過ごしましょう
ファーボの7月号に、美味しいお店の紹介が沢山載っていますよ!
(37ページに長坂整体院も載っています、、)


自律神経は無意識のうちに働く神経ですが、
意識でコントロールできる方法もあります。
その1が呼吸法です。
息を吐くときは副交感神経が優位になり、
吸うときは交感神経が優位になります。
また呼吸は、交感神経が優位のときは早くなり、
副交感神経が優位のときはゆっくりしたリズムになります。
1日中呼吸を意識するのは不可能ですが、限られた時間に
大きく深呼吸してゆっくりと吐き出すことをくりかえすと、
酸素が十分にとり込まれたという情報が自律神経に到達し、
副交感神経が活性化して、
ゆったりしたリラックスの呼吸が続き腰痛対策にも効果的です。
働きすぎの方、ストレスを貯めている方是非試してみて下さい。
それでも身体がダルイ、腰痛が取れない方は勿論、

お電話お待ちしております!

「整体施術」編  〈体温〉

 「整体施術編」は、血行についてでした。
引き続き自律神経に関連したテーマです。
今回は体温についてです。
平熱が高い人と、低い人がいますよねー。
交感神経が優位になり、血行が悪くなると、体温も下がってきます。
逆に、副交感神経が優位になり、血行が促進されると、
体温が上がります。
体温は、36〜37度の間にあるのが正常な状態です。
とくに低体温状態だと、免疫システムがうまく働きにくくなり、
病気を招きやすくなると言われています。
感染症などにかかり、免疫システムが病原体と闘っているときは、
副交感神経が優位になっていて、体温は高くなります。
しかし、その状態が行きすぎると、体温は下がってしまいます。
[免疫力を高めると病気は勝手に治る 参考]

長坂整体院の施術は自律神経を、正常な状態にします。

「整体施術」編  〈血行〉

 朝は、しとしと雨が降っていましたが
晴れてきましたね。
これから暫くよい天気が続きそうですよ!

今週はどうでしたか?働きすぎていませんか?
今回のテーマは「血行」です。
全身の血行も、自律神経に支配(連動)されています。
とくに問題になるのが、交感神経が優位な状態が続くことです。
その結果、血管が過度に収縮して、血行が悪くなり、
心臓病や高血圧などの発症が促されると言われています。(虚血)
同時に新陳代謝も低下し、身体に必要なものが行き届かないうえ、
身体に不要な老廃物や毒素が排出されず、病気をを招きます。
反対に、副交感神経が優位になって血管が過度に拡張し、
血行が悪くなる場合もあります。(うっ血)
[免疫力を高めると病気は勝手に治る 参考]
ストレスとリラックスのバランスを保つことが「心と身体の健康」ですね!

長坂整体院 BODY PLANNING
DUFFER of ST.GEORGE

<< | 2/3PAGES | >>

院長 高桑徹

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Links

Search

 

Mobile

qrcode

ご予約は 287-3272