石川県金沢市の長坂整体院は、中国整体の手技療法で心と身体の健康を提供します。腰痛・膝痛・肩こりなどのクリニカル整体、免疫力を高める経絡リンパ整体、リバウンドしないダイエットのコーチングも行っております。

「ダイエット」編 BMI(肥満度)チェック

 今回は、BMI(Body Mass Index)
肥満を測定できる国際的な<体格指数>基準についてです。

肥満とは、単に体重が多いという事ではなく体脂肪が多く蓄積された状態を
言います。
最近では安価な体脂肪計により簡単に体脂肪率の測定も出来ますが、
更に簡単に計算式で肥満度を判定する目安として世界で最も広く使われています。

1998年、世界保険機構(WHO)がBMIによる新しい判断基準を発表し、
日本でも翌年1999年に日本肥満学会が新しい判定基準を発表しました。

BMI指数=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

WHOの基準ではBMI 25.0以上30.0未満は「肥満前段階」とし、「肥満」との判定には
なっていません。
一方、日本肥満学会の基準によると、BMI 25.0以上で「肥満」と判定されます。
これは、欧米の成人の20%〜30%がBMI 30.0以上であるのに対し、
日本で30.0以上になる成人は2%〜3%程度であることから、日本の場合には、
BMI 25.0以上を肥満とし、そこから5刻みに肥満の程度を区切っていくという
基準が設けられました。

国内外の多くの調査によりBMI 22前後の人が最も病気にかかりにくい事が
分かっています。
BMIは体重(kg)を身長(m)の2乗で割って計算をします。
したがって、その人の最も病気にかかりにくい体重は身長の2乗に22を掛けた
ものという事になります。
日本肥満学会ではこれを新しい「標準体重(健康体重)」として推奨しています。

標準体重(健康体重)=身長(m)×身長(m)×22



BMIは、あくまで肥満の目安です。
「肥満」とは、身体を構成する成分のうち、体脂肪率(体重に占める脂肪組織の割合)
が正常よりも多い状態を指します。

    −−体脂肪率−−
成人男性 25%以上 肥満
成人女性 30%以上 肥満

長坂整体院では、健康でリバウンドしないダイエットのコーチングと施術を行います。





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

院長 高桑徹

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Selected Entries

Categories

Archives

Recent Comment

Links

Search

 

Mobile

qrcode

ご予約は 287-3272